拒否権付種類株式(黄金株)

拒否権付種類株式(黄金株)とは、一定の決議事項につき、当該種類株主総会決議も必要とすることができる株式です。

 

1株のみを拒否権付種類株式(黄金株)に変更しておけば、当該株式を保有する株主は強力な権限をもつことができます。

 

事業承継対策として、拒否権付種類株式(黄金株)意外の普通株式を推定相続人にすべて生前に譲渡したとしても、推定相続人に会社を好き勝手にされることはありません。

▲このページのトップに戻る