取締役会廃止・監査役廃止

会社法施行により簡易な形の株式会社の設立が可能となりました。

 

既存会社の場合、取締役会(取締役3名)や監査役が必ず必要でした。

 

この既存の株式会社を簡易な形の株式会社(取締役1名、監査役なし)にするためには、下記の登記申請が必要です。

@取締役会設置会社の定めの廃止

A監査役設置会社の定め廃止

B株式の譲渡制限に関する規定の変更

C取締役、監査役、代表取締役の変更

 (株券発行の定めの廃止の登記)

 

また、取締役の任期を「選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで」と定款変更しておけば、2年ごとに変更登記をする必要がなくなります。

 

手数料50,000円(税別)〜60,000円(税別)+登録免許税70,000円

▲このページのトップに戻る