不動産の購入

住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、通常決済日に買主は金融機関からお金を借りて、売主に支払い、売主はそのお金で残っている住宅ローンを返済します。

 

これらはすべて登記されます。

 

決済日に司法書士は書面を確認し、すべての登記ができる状況になった段階で金融機関にOKを出し、融資が実行され上記の手続きとなります。

 

具体的には、抵当権抹消登記、所有権移転登記、抵当権設定登記が同日になされることになります。

そして、司法書士が上記の登記を行います。

 

通常、不動産会社や金融機関には得意先の司法書士がおり自分で指定をしなければ得意先の司法書士に依頼をすることになります。

 

一般的に司法書士の登記手続き費用の相場は分かりにくいため、当事務所にも見積もりの依頼をされる方もみえます。

 

当事務所では売買代金(2,000万円)までの場合や抵当権の設定金額(2,000万円)までの場合、下記のとおり一律料金で行っています。

よろしければご依頼下さい。

(なお、登録免許税等の実費は別途かかります。)

 

売買にともなう所有権移転登記(土地建物2筆)        

50,000円(税別)(売買代金2,000万円まで)

住宅ローン借入れにともなう抵当権設定登記  

35,000円(税別)(借入金額2,000万円まで)

▲このページのトップに戻る