住宅ローン借り換えのための登記

住宅ローンの借り換えとは、下記のようにA銀行からB銀行に変更する手続きのことをいいます。

 

A銀行1,000万円(金利3%)→B銀行1,000万円(金利が2%)

 

通常、住宅ローンは1番で(根)抵当権が設定されています。その全額を返済しなければ、銀行は抵当権を抹消してはくれません。

 

そのため、借り換えをしようとする場合は、B銀行から1,000万円を借りて、それをA銀行に返済するという手続きになります。

 

登記手続きとしてはA銀行の(根)抵当権抹消とB銀行の(根)抵当権設定登記の2件が必要となります。

 

▲このページのトップに戻る